Top > キャッシングの審査で重要視される勤続年数

キャッシングの審査で重要視される勤続年数

キャッシングの審査で問われる中で最も重要なのは収入です。どの消費者金融でも銀行でも、安定した収入のある人という規定があるように、収入が無ければ返済することが出来ないからです。では収入が十分あれば必ずキャッシングの審査に通るかというとそうではありません。勤続年数というのも重要視されるからです。いくら収入があっても、短期間で転職を繰り返していると審査は厳しくなります。というのも、会社を辞めると同時に次の会社に就職できればよいのですが、必ずそうでもありません。もし空白期間が生まれればたちまち収入が途絶え、返済に給する可能性が発生するからです。また、一般的に転職を繰り返せば収入は下がる傾向にあります。さらに、転職を繰り返すということは、仕事に対して真剣に向き合っていない、つまり、信用度が足りないという判断を下されてしまうのです。では、どのくらいの勤続年数があればよいのかですが、一般的には1年以上が一つの目安とされています。半年でも構わないところもありますが、その分審査は厳しい傾向にあるということは否定できません。

気になるカードローン返済CH43|負担なく返済する方法を伝授についてはこちらで書いています。

関連エントリー