Top > エンタメ > 自分なりのシナリオを書く

自分なりのシナリオを書く

とうとう始める時という状況では、何をおいても下調べを横着してはいけません。

 

売買を始める前であるとすれば、物事を冷静に調査する事のできる余裕がある。

 

ところが、ひとたびマーケットの中に深入りすると、どう工夫しても見解が偏ったものになる場合があり、時としてしっかりとした判断を下せなくなるリスクを負います。

 

そのために自身の考えが冷静なうちに、しっかりと準備を進めておくことが重要です。

 

"事前準備"とは、最初は自分なりのシナリオを書くことからスタートする。

 

将来の市場はこうなってああなるから、ユーロを取引するといった自分だけの物語を描いていきます。

 

次に為替チャートを確認しましょう。

 

以前のレートの上がり下がり見て現在の価格を調べます。

 

そうすれば、「今のところかなり安い場面になっている」とか、あるいは「とっくにたくさんの方々がエントリーしているから、これから自分がしかけても今さら遅いな」ということが理解できます。

 

もちろん今となってはしかけるのがやりようがないと思ったならばエントリーしないで、その場面では割り切ることが大切です。

 

どうあがいても自らのストーリー展開を譲らずに新しく注文すると、相場にやられてしまいそればかりか損することになりかねない。

 

そうは言ってもたいがいの状況で、緻密な自身のストーリー展開を考えておけば、エントリーが遅いというケースにはなりません。

 

具体的に市場が変動する前のはずだから。

 

その次は、差し当って自分自身がエントリーしようとするポジションの動きを、注意深く調べる事が大事です。

 

もし、ドル高が進むだろうという台本を記したのであれば、ドルの推移に注目する必要があります。

 

市場の推移を確認し始めた状況ではその外貨は分かりやすく推移する様子を見せることはなくちょっとした変化を繰り返しているだけだろう。

 

でも、その上げ下げをじっと気をつけているとある状況で確実に、ドル高へと外国為替相場が動き始めてくる。

 

この状況で初めてドル円の新規注文を出すのだ。

 

おおむね、これだけ計画的に事前準備さえしておけば、そのエントリーで勝つ率は比較的高まります。

 

エンタメ

関連エントリー
自分なりのシナリオを書く