Top > 生活 > 帰化申請のいまむかし

帰化申請のいまむかし

知り合いに、在日韓国人がいます。その人の帰化申請を手伝った経験があります。家庭内の誰かが定職に就いていれば、帰化申請はできます。定職といっても、どんな職業でもいいのかというとそれは違うみたいです。以前よりは、帰化申請は簡単になったと言われています。「昔はどんな感じだったのだろう」と、考えると、頭が痛いです。それくらい、難しいというよりもややこしかったのを覚えています。そのときは、行政書士の力を借りた記憶があります。帰化申請はいまも昔も一大事業です。

生活

関連エントリー
身辺調査|「私の妻は浮気中だ」という点について証拠を本当に掴んでいますか...。国際結婚手続きの気の遠くなる日常在留資格 日本人の配偶者の威力帰化申請のいまむかし