Top > 生活 > 帰化申請のいまむかし

帰化申請のいまむかし

知り合いに、在日韓国人がいます。その人の帰化申請を手伝った経験があります。家庭内の誰かが定職に就いていれば、帰化申請はできます。定職といっても、どんな職業でもいいのかというとそれは違うみたいです。以前よりは、帰化申請は簡単になったと言われています。「昔はどんな感じだったのだろう」と、考えると、頭が痛いです。それくらい、難しいというよりもややこしかったのを覚えています。そのときは、行政書士の力を借りた記憶があります。帰化申請はいまも昔も一大事業です。

生活

関連エントリー
国際結婚手続きの気の遠くなる日常在留資格 日本人の配偶者の威力帰化申請のいまむかし
カテゴリー
更新履歴
作ってみたノート(2018年10月28日)
タクシーの転職って兵庫ではどうなの?(2018年6月27日)
まだ無理ですグレイヘア(2018年5月18日)
髪の毛へのプライドがものすごく高い(2018年3月15日)
世の中にはこれを食べておけば痩せるという食べ(2016年2月24日)